| トップページ | P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
返信元の記事
【219】

RE:月夜に咲く花

Nekoya (2020年05月01日 23時00分)
こんばんはです。

ちょっと色々ありまして、夫婦関係がギクシャクしてしまいました。

こんな事でギクシャクするのすごく嫌なんだけど、どうしていいかわからない。


夫婦喧嘩をした後、どう仲直りしているのか、世の中のご夫婦に聞きたい・・・。

。・゜・(ノД`)・゜・。

■ 670件の投稿があります。
67  66  65  64  63  62  61  60  59  58  57  56  55  54  53  52  51  50  49  48  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  1 
【220】

RE:月夜に咲く花   編集  評価

Inuya (2020年05月02日 09時27分)

おはようございます。

セナよりギクシャク問題の方が重大ですね。

よく、夫婦喧嘩は犬も食わん、などと言って、看過されがちですが、
根っこには、とても重要な問題が隠されている場合が多いようです。

だいぶ前に読んだ本に、大体、こんなようなことが書かれていました。

喧嘩両成敗と言いますが、
これは、けんか、争議など、二者間の争いは、
どちらか一方だけが悪い、ということは絶対にない、ということです。

ところが、両者とも、
「相手が悪い。自分は正しい」
と思い込んでいるので、
相手が折れるまで悪い状態は続きます。

平和を取り戻そうとして、どちらかが折れると、
折れた方の心にトゲが刺さります。

折れるということが続くと、心のトゲがどんどん増えていきます。
心というのは、本来、丸いなめらかなボールのようなものだと思ってください。

そのボールに刺さったトゲが増えていくと、
丸く滑らかな状態を取り戻そうとして、
ある時、そのトゲを一気に吹き飛ばそうとします。
吹き飛ばさなければ、自分の心の平和を保てなくなるのです。

吹き飛ばすとき、というのが、ぶちぎれる時、ということです。
その本では「修羅場」と言っていました。
そして、
「修羅場を作れ」
とも言っていました。

仲直りするために「折れる」というのは、仲直りではなく、
服従でしかありません。
不当な扱いを受けている状態、と言ってもいいし、
納得できない、ということでもあります。

折れる側は、
「私が悪いんだ」
と無理やり思い込もうとします。
相手は
「それ見たことか。お前が悪いんだ」
と不敵になります。

本当の仲直りは、互いに、
『私も悪かった』
と認めることです。

修羅場は、「お前が悪い」と思っている側に、『自分も悪かった』と思わせるために必要なのです。
『私を不当に扱うな』
という決定的意思表示です。
それは、自分の尊厳を守るための正当な怒りです。
67  66  65  64  63  62  61  60  59  58  57  56  55  54  53  52  51  50  49  48  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  1 
メンバー登録 | プロフィール編集 | 利用規約 | 違反投稿を見付けたら